糖尿病の食事療法を続けているのに血糖値が下がらないのは何故でしょうか?

これだけ医療が発達しているのに糖尿病を克服した方は極わずかしか居ないのが実態です。

現在のところ糖尿病の特効薬はありません。

世界中で研究が進み次々と糖尿病治療に期待される薬が開発されますが、実用段階に至ってないために糖尿病患者は増える一方です。
インスリン注射が必要なほど糖尿病が悪化すると食事療法を徹底するように管理栄養士から指導を受けることになります。

糖尿病の食事療法は、糖質制限・カロリー制限・塩分制限が基本です。
その上に1日30品目以上の食材を使った栄養バランスの良い食事をしなければなりません。
さらに食べるスピードや食べる順番など食べ方も需要なファクターになるのです。

また糖尿病の合併症で腎不全を起こすと人工透析が必要になります。
人工透析が必要な方は、タンパク質制限まで加わります。
ここまで徹底した食事療法をしても糖尿病が改善されないのです。

なぜ食事療法で血糖値が下がらないのでしょうか?

糖尿病の食事療法の目的は、糖尿病をこれ以上悪化させない食事です。糖質(炭水化物)の摂取量を減らすことで血液中のブドウ糖を減らすために膵臓が分泌するインスリン量が少なくて済むという効果があるわけです。もともと膵臓の機能が低下してインスリンの分泌量が減っているのでブドウ糖が増えると吸収できないのです。

それを回避するために糖質制限を行いますが、それ以上に膵臓の負担を減らし、これ以上悪化させないという目的の方が強いのです。

つまり膵臓に負担を掛けないようにして、自己治癒力によって膵臓が回復するのを待っている状態ですから、糖尿病の食事療法を続けていても血糖値は下がらないのです。一度機能が低下した膵臓を復活させるのは相当な時間が必要になるのです。

膵臓の機能を回復させるには!

血糖値を下げて糖尿病を改善するには、インスリンを分泌している膵臓の機能を活性化させてインスリンの分泌量を増やせば良いだけです。最新医療は膵臓を活性化する薬もありますが、薬に頼っているとだんだん効かなくなってしまうため、自己治癒力を高めて自然に回復させることが大切です。

東洋医学では長年の研究から膵臓を活性化させるためには、体の外側から刺激を加えたり、膵臓に連動した反応点を刺激することで膵臓を活性化する方法が確立されています。実際に福辻鋭記さんのアスカ鍼灸治療院に来た糖尿病患者は、膵臓を活性化する施術を受け1週間もすれば血糖値が下がっています。

しかし一時的な施術では糖尿病を克服することができません。1日5分で構わないので毎日継続して膵臓を活性化させる方法を続けなければ効果は期待できません。つまり自宅で自らが行う必要があるのです。そのために開発されたのが糖尿病解消ストレッチです。膵臓の機能を活性化させインスリンの分泌量を増やすことができるので最も効果的な糖尿病対策です。

糖尿病の画像

福辻鋭記の糖尿病改善ストレッチ
糖尿病も決定的な治療薬がない病気の一つです。血糖値を上げない食事制限に加えインスリン注射が主流ですが最新医療でも根本治療をする特効薬がありません。逆に東洋医学は身体の機能を正常に保つための研究が進んでおり、インスリンを分泌する膵臓の機能を回復させる治療法があります。それを応用して考案されたのが福辻鋭記さんのストレッチ整体により膵臓を活性化する方法です。膵臓が正常に働きインスリンの分泌量が増えると自然と糖尿病を改善できます。
公式サイト全額返金保証つき


更新情報