ゲップが多くでると悩んでいる方は意外と多いものです。ゲップと一緒に胃酸が逆流して胸焼けが伴ったり、

お腹にガスが溜まったような膨満感を感じる方もいます。お腹がポッコリ膨らんでゲップやオナラが頻繁に出るという方もいます。

このような症状が続くと何か大きな病気の前兆ではないか?などと不安になるものです。

食事の後だけゲップが出るケース

ゲップが気になる方は、1日の中でゲップが出るタイミングを記録してみてください。例えば食後だけゲップが多い場合は、病気の可能性は低いと考えられます。食べる時に体内に吸い込んだ空気がゲップで放出されているからです。ある程度、放出すればゲップや膨満感が治まるなら問題はありません。

1日中頻繁にゲップが出るケース

ところが食後だけゲップが出るだけでなく食後以外にも1日中頻繁にゲップが出るという方は、なにかしらの病気が隠れている可能性があります。

・逆流性食道炎(胃酸の量が増え逆流するため食道に炎症を起こす)
・慢性胃炎(ピロリ菌・胃酸・消化酵素が原因で胃粘膜に炎症が起きる)
・胃潰瘍や胃がん(慢性胃炎が進行し胃潰瘍や胃がんになることも)

これらの病気がゲップが出やすいと言われています。またゲップが出るだけでなく、お腹が張った膨満感の状態になっている場合にも、病気を発症している可能性があるので注意が必要です。

薬を飲む前に生活習慣を改善すると治るケースがほとんどです。

1日中頻繁にゲップが出る場合には、様々な恐ろしい病気を発症している可能性があります。主な病気は、逆流性食道炎や慢性胃炎ですが放置していると食道がんや胃がんに進行する可能性もあるので早めの対策が必要になります。ところが病院で治療すると薬を処方するだけの治療が多く、症状が改善されても再発してしまうという欠点があります。

実はゲップと関係のある病気の原因は、不規則な生活が影響しています。食べ過ぎ・飲みすぎ・早食いで大量の食べ物が一気に胃に送られると胃の働きが低下してしまって食べ物を消化し切れずに胃の中でガスが発生してしまってゲップが出やすくなることがあります。

さらに疲労やストレスによって胃の働きが低下することもありますし、肥満や姿勢の悪さが胃を圧迫してゲップが出ることもあります。ゲップと関係のある病気を解決するためには、薬の治療を試す前に、規則正しい食生活を送るよう生活習慣を改善することが大切です。つまりゲップの根本的な原因を解決しないと、薬を飲んでも再発してしまうという訳です。

ゲップを止めるには東洋医学がお勧め

東洋医学には『ゲップの原因のガス溜まりを取り去る方法』というのがあります。この方法はあるツボを刺激することによってガスの溜まりを取り去っていきます。常にゲップしたいような、もやもやした感じがする場合特に効果的な方法です。

ゲップの苦しさや不快感は、そうなった人しか分からないものがあります。日常生活で常にガスが胸とお腹に溜まっている感覚がありゲップも止まらないという方が実践した結果、ゲップは一切無くなりました。この方法を考案したのは東洋医学の第一人者福辻鋭記さんです。

逆流性食道炎セルフメディケーション画像

福辻鋭記の逆流性食道炎改善法
ゲップ、胸焼け、胃酸の逆流など辛い症状もさることながら逆流性食道炎は酷くなると食道ガンの原因になるので放置することはできません。薬物治療で治れば問題ありませんが症状が悪化すると、どんどん強い薬を処方するだけで治療に不安を感じることもあるようです。福辻鋭記さんの逆流性食道炎改善法なら、胃酸を抑える薬など飲まなくても、東洋医学に基づく生活習慣の見直しで嘘のように症状が治まります。猫背や姿勢の矯正、食生活の改善など逆流性食道炎の原因は別のところにあるんですね。慢性・急性胃炎、十二指腸潰瘍などにも使えます。
公式サイト全額返金保証つき